+SWISSNOTE+

スイスで暮らす日々のあれこれ

ドイツ語ってどれくらいで上手くなるの?

f:id:natsuko-cowbell:20180117001227j:plain

私はスイスのドイツ語圏に全くドイツ語が理解できない状態で引越してきて、その直後からドイツ語学校に通い始めました。ドイツ語のアルファベットの読み方すらあやふやな状態だったので、もちろん初心者レベルであるA1クラスからのスタートです。

ドイツ語学校に通っていた途中で日本から家族や友達が遊びに来たりなど、予定が満載だった約三ヶ月間は休憩を挟みましたが、最終的にはB2レベルまでのドイツ語学校に通い、現在はドイツ語を使ってスイス人の同僚と一緒に仕事をしています。

そもそもドイツ語のレベル分けについてですが、Goethe-Institut Deutschから引用するところによると、以下のような説明があります。(引用元リンク

 

  基礎段階の言語使用
  A1
まず、日常生活の場面で短く簡単なドイツ語表現が理解でき、自分でも言えるようになります。例えば自己紹介ができ、相手に簡単な質問をしたり、それに答えたりできます。食事や買い物や旅行の場面で、相手がゆっくり明瞭に話してくれるなら、コミュニケーションが図れます。
  A2
毎日の生活で頻繁に使われる言葉や表現に慣れ、仕事や家族や故郷など、自分に関する事や日常的で具体的な生活に関する事なら、ドイツ語でコミュニケーションが図れます。また日常的に必要な事柄が、簡単な文章の形で表現できるようになります。
  自立した言語使用
  B1
明瞭な通常のドイツ語であれば、仕事や趣味や生活など日常的な事柄についてのドイツ語の発言や文章が理解できます。例えば、旅行中に出会うさまざまな出来事に対して、必要な対応ができ、また、自分の経験や夢・希望・目標などについて話すことができます。さらに、自分に身近なテーマあれば、意見を述べたり、その論拠を説明したりできます
  B2
抽象的で複雑なドイツ語で表現されても、その趣旨が理解できます。自分の仕事や専門分野に関する事柄なら、ドイツ語で行われる議論の内容が理解できるだけでなく、自分の立場や意見を述べたり、あるいはひとつの意見に対する利点と不利点を論述したりできます。日常的ないくつかのテーマでは、広い範囲にわたって明確に意見と情報が交換でき、ドイツ語を母国語とする人との間で、相互に困難を感じずに自然な会話が成立します。
  熟達した言語使用
  C1
ほとんどのテーマで、高度なドイツ語表現や長い文章が理解でき、また、その言外のニュアンスも感じ取れます。ドイツ人社会で、社会人として職業についたり大学で学んだりするのに必要十分な語彙と表現を使いこなし、複雑で微妙な内容を正確なドイツ語で表現することができます。
  C2
社会生活上、不自由なくずべてのことに対応できるドイツ語力があります。さまざまな分野の多様なテーマに関して、読む、書く、話す、聞くことが困難なくでき、また、ニュアンスにとんだ自然なドイツ語を正確に使うことができます。

 

 簡単に言い換えれば、初級がA1&A2、中級がB1&B2、そして上級がC1&C2ということですね。一般的にはB2程度のドイツ語力を最低限の語学レベルとしている企業がたくさんあります。

私が今まで通ったドイツ語クラスの特徴ですが、まずA1レベルの時は生徒同士の共通言語はほぼ英語でした。お互いドイツ語でコミュニケーションを取ることに挑戦もしましたが、細かい部分が伝わらない時はやっぱり英語になります。それだけ英語を話せる生徒が多かったです。先生も英語で補足説明をすることがありました。そして、A1クラスの生徒の中には恥ずかしがって先生に促されても一言も言葉を発しない人がいたり、母国語で先生にガンガン質問する人がいたり、中々のカオスでした。笑

A2レベルでは授業中に発言できない人はいなかったですが、逆にスイス在住歴が長くてドイツ語を話す事に抵抗がないためか、周りを無視して話し続ける人がいました。ただ、その人達はドイツ語を耳で覚えてきているため、発音がスイスドイツ語になってしまうというクセがあったり、話すのは得意でも読み書きが苦手という特徴がありました。この時の生徒レベルにはバラツキがありました。

B1レベルまで行くと、ドイツ語学習の目的がはっきりしている人が多く集まるので、今までバラツキがあった生徒のレベルも安定してきたなという印象があります。ドイツ語学校以外でもこれから深くお付き合いしていけそうな友人が出来たのも、このB1クラスでした。ちなみに、B1でも多くの重要な文法項目を勉強するのですが、A1&A2の時には知らなかった文法知識の穴を埋めていくような感じでとてもスッキリしたのを覚えています。

そしてB2レベルですが、B1と比べると急に難易度が上がったなと感じました。今までは素直に教科書通りに進めていけば問題がなかったものが、B2では文章そのままの意味を捉えるのではなく、比喩だったり裏の意味を読み解くという事が増えてきます。そして、ディスカッションも多くあるので、授業中に話す量も格段に増えます。合わせて読む量・書く量も増えました。

幸いな事に、ドイツ語学校の先生は良い人ばかりで、飽きずに通うことが出来たのが良かったです。今まで受けてきたクラスではスイス人の先生とドイツ人の先生がいたのですが、スイス人の先生の場合は標準ドイツ語とスイスドイツ語の違いを教えてくれたり、ドイツ人の先生はドイツの事も教えてくれたりと、それぞれの先生からドイツ語以外の事を学ぶことも多かったです。

やはり、先生の相性で自分のモチベーションも変わってくるので、先生選びは大事ですよね。ただ、実際に授業を受けてみないとどんな授業をする先生なのか分からない事が多いので、クチコミ情報などが無い限り、特に始めの頃は実際に行ってみるしかないかと思います。

私がこれまで約一年間ドイツ語学校に通った感想ですが、B2までしっかり勉強すれば、日常生活はあまり困らなくなると思っています。スイスに来てすぐ、言葉がわからない恐怖からお店で店員に話しかけられる事すら嫌だった頃と比べると大きな成長です。笑

振り返ってみると、ちょうど一年前に書いた記事の中で目標にしていた事が叶っている事に気が付きます。『あー!私もそんな風になりたい。』って思っていたその姿に自分がいつの間にかなれていることがとても嬉しいです😊

natsuko-cowbell.hatenadiary.com

 もちろん複雑な手続きだったり、相手の顔が見えない電話などはまだまだ難しいですし、スイスドイツ語となるとまた別の問題が出てくるので、その辺はこれからのスイス生活の中で、少しずつ克服していきたいと思っています。

というわけで、「ドイツ語ってどれくらいで上手くなるの?」という問の答えですが、「集中して約一年勉強すれば、現地でネイティブと仕事できるレベルまでに行ける!」というのが私の結論でした。

今後の目標についてですが、今は仕事を頑張って行きたいと思っているので、ドイツ語はしばらく独学で勉強していきます。ただ、自分一人では補えない部分を強化するために、最低でもC1レベルまでのドイツ語学校には通う予定です。子供がまだいない今、時間とお金を使うことが許されるうちに語学力問題を出来るだけクリアにしていけたらいいなと思っています。

+Vielen Dank für Ihren Besuch+
ランキング参加しています。
↓クリックで是非応援お願いします♪

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ

スポンサーリンク

 

ついに見つけた!スイスで購入できる化粧水

スイスに移住してから一年二ヶ月が経ち、そろそろ日本から持ってきていた化粧水のストックが少なくなってきました。

元々アメリカに住んでいた経験から、欧米には日本で使うような化粧水の文化が無いことは知っていましたが、これからスイスに長年住むことを考えると、毎回日本で化粧水を調達するのは限界があるのではないかという心配がありました。

とりあえず手元のストックが無くなる前に、インターネットや店頭で色々と探してみましたが、アベンヌウォーターなどのミスト状スプレーや拭き取り化粧水、保湿クリームや美容液は見つかるものの、洗顔後に顔を潤す為に使うような日本式の化粧水は全く見つかりませんでした。

さらに探していると、日本でも最近良く見るフランス発ブランドの「ラ ロッシュ ポゼ」が化粧水を出していることを知りました。このブランドはスイスでもManorや薬局などで見かけるので、もしかしたら化粧水があるかも!と探してみた所、この化粧水は日本の研究所で日本人の肌に合うように開発された地域限定の物だということが分かり、残念ながらスイスで手に入れることができませんでした。

一時は諦めて、ヨーロッパ式ケアを取り入れて見ようかと考えたこともあります。基本的にこちらの人のケアは、クレンジングを馴染ませてコットンでメイク落とし→拭き取り化粧水→保湿クリームまたは美容液というステップをしている事が多いかと思います。このケアの特徴は水をあまり使わないと言う事。先日、水事情についてのポストにも書きましたが、ヨーロッパの水の多くが硬水なため、肌荒れの原因を引き起こす硬水を使わずにケアをするというのがメジャーなようです。(もちろん水を使って顔を洗う人も沢山います。)

 

natsuko-cowbell.hatenadiary.com

 

このケアの仕方、試してみたこともあるんですが、これまで20年近く日本式のケアをしてきた私としては、水で洗い流さないというのが気持ち悪くて、すぐに辞めてしまいました。笑

そして最終的にたどり着いたのが、クレンジング&洗顔をして水で洗い流す→顔をタオルで拭く→アベンヌウォーターを顔全体に吹きかける(プレ化粧水)→化粧水(&美容液)→乳液(または保湿クリーム)という流れで肌ケアをしています。そこまで硬水を気にすることも無いのかもしれませんが、今のところこのルーティーンで肌の調子は良いです。

 

…とここまで書いてきましたが、私のケア方法を紹介したいわけじゃないんです!

本題まで長くなってしまいましたが、スイスで化粧水を手に入れる事を諦めかけていたここ最近、ふとドイツ語学校の後に立ち寄ったCoopで気になる商品を発見しました。

それがこちら、
L'OREAL PARIS Hydra Genius Aloe Water

f:id:natsuko-cowbell:20180108224538j:plain

まず目に入ったのがALOE WATERという部分だったのですが、気になったので手にとって箱を読んでみると、


「Inspiriert aus Asien spendet unsere hochkonzentrierte Feuchtigkeitsformel der Haut besonders intensiv Feuchtigkeit.」
【意訳:アジアからインスパイアされた高濃度の保湿成分が肌に潤いを与えます】

という一文が記載されていました。 

f:id:natsuko-cowbell:20180108224553j:plain

 

ポイントは”アジアから”という部分。ヨーロッパには今まで無かった化粧水の概念を取り込んだ商品ということなのでしょうか…?

箱には”NEU”とあるので、新商品のようです。

とりあえず今までの拭き取り化粧水などとは用途が違うようなので、これは試してみるしか無い…!ということで購入してみました♪

種類は肌質によって三種類あったのですが、私は乾燥・敏感肌用の物を購入してみました。

お値段は今日の時点で11.95スイスフランです。

 

f:id:natsuko-cowbell:20180111221537j:image

早速開封。ブルーのパッケージが爽やかで可愛いですね♪

家に帰ってからインターネットで商品の詳細を調べてみると、肌が潤う・メイク前にも使いたい・使い続けていたらベルベッドのような肌になった…などなど、思った以上に高評価のレビューが多くありました。

実際に手にとって見ると半透明のジェルで、伸ばすと透明でしっとりしています。香りについては、始めは強めに感じましたが、しばらくすると香りはなくなります。何より個人的には好きな香りだったので、付けていて心地良いです。

使用感は、化粧水と乳液が混ざったような塗り心地で、付けた後の肌は適度に潤いつつもさらっと仕上がりました。洗顔やパックの後にHydra Geniusを付ければ簡単に基礎ケアが終えられるかなという感じです。ただ、冬の乾燥した時期にはちょっと心もとないので、Hydra Geniusの後に朝は乳液を使って、夜は夜用の保湿クリームを使っています。まさにずっと探していた化粧水の代替品として使える商品です!

朝にこのケアをすると肌のキメが整って化粧乗りが良くなったので、今まで使っていた化粧水よりも今のところHydra Geniusの方がお気に入りです。

ちなみにアメリカのサイトでは”Water Cream”と紹介されているのを見ました。まさにその表現が正しいなと感じていて、テクスチャーはクリーム状だけど重たくなく、伸ばすと水のようにさらっとしているので、肌に適度に浸透していくように感じます。

もちろん個人的な使用感なので、肌に合わなかったり匂いが苦手な方もいるかとは思いますが、値段もお手頃で手に入りやすい物なので、日本の化粧水が切れてしまった時の代替品として試してみるのも良いかもしれません。


L’Oréal Paris Hydra Genius

他に何かオススメ商品などあれば是非教えてください♪

+Vielen Dank für Ihren Besuch+
ランキング参加しています。
↓クリックで是非応援お願いします♪

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ

スポンサーリンク

 

軟水と硬水、それぞれに合った使い方をすればスイスの水とも仲良くなれる!

f:id:natsuko-cowbell:20180109212934j:plain

はじめに

前回スイスの水事情について書きましたが、色々と追記したくなったので書いてみようと思います。 

natsuko-cowbell.hatenadiary.com

基本的にスイスの水道水はそのまま飲むことが出来ます。スイス人の夫が言うには蛇口から出る水を比べると、日本よりもスイスのほうが美味しいとのことでした。日本の水道水は臭みがあると言います。(水の味は場所により違うと思いますが)

日本と同様、スイスでも水道水が飲料水として安全に飲めるのはとても有り難い事です。ただ、安全に飲める水ではあるものの、やっぱり硬度の違いで料理や飲み物の味に影響が出てくる事実は否めません。

和食は軟水・洋食は硬水

まず和食を作るときには、先日紹介したBRITAで濾過した水を使えば、水がマイルドになって美味しく仕上がります。ただ、全ての料理を軟水で作れば良いかというとそういう訳ではなくて、料理によって使い分けるのが良いようです。

例えばパスタ。硬水が使われている場所で生まれた食べ物だからなのかもしれませんが、パスタは硬水で茹でたほうが美味しく仕上がります。これも水の硬度が関係していて、パスタのでんぷん質とカルシウムが作用して、程よくコシが出てアルデンテに仕上がってくれるようです。逆に白米でこれをしてしまうと、お米が固くパサツキやすくなるんですね。

日本のスープと言えば味噌汁ですが、味噌汁を作る時は軟水が適しています。まず出汁を取る時(特に昆布)に硬水を使ってしまうとミネラル成分が邪魔をして、旨味成分を抽出しづらくなってしまうようです。それとは逆に牛肉から出汁をとったり肉の煮込み料理を作る時は、ミネラル成分と臭味成分が結合してアクとして排出してくれるので、硬水のほうが合っています。

やはり料理はその地域で合ったものが発展していくのでしょうね。基本的には和食は軟水・洋食は硬水を使うという事を覚えておけば良さそうです。

お茶は軟水・コーヒーはお好みで

先日のエントリーに書いたように、緑茶は絶対に軟水がオススメです。あとはほうじ茶や紅茶も軟水の方がクリアな味になり、硬水独特の白っぽい膜が出たりお茶が濁ったりすることもありません。

コーヒーについてはどのコーヒー豆を使うか、何を淹れるか(ブラックコーヒー・エスプレッソなど)またどんな味が好きなのかによって、軟水・硬水のどちらを使うかが異なってくるようです。ただ、自宅でコーヒーマシンを使っている私は、ミネラル成分で機械が詰まって壊れてしまうのが嫌なので、必ずBRITAで濾過した水を使っています。

最後に…

ここまで硬水と軟水の使い方について色々と書いてきましたが、自宅で出る水自体を変えることは出来ないので、どうやって上手く使っていくかが大事ですよね。

何だかんだ掃除が大変だったり肌が荒れやすくなる…など悩まされがちな硬水ではありますが、スイスの水道水を濾過して軟水にすることは出来ても、日本の水道水にミネラルを足して硬水にすることは難しいので、用途で使い分けをするという意味ではスイスのほうが応用が効くのかなと思います。

+Vielen Dank für Ihren Besuch+
ランキング参加しています。
↓クリックで是非応援お願いします♪

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ

スポンサーリンク