読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

+SWISSNOTE+

スイスで暮らす日々のあれこれ

【M4.6】スイスで体験した初めての地震

f:id:natsuko-cowbell:20170307071248j:plain

夫の帰りを待っていた午後9時10分過ぎ、一瞬自宅で異常な揺れを感じました。家の内部から外へ揺れが伝わるような揺れ。体感したのは3秒くらいの短い間でしたが、揺れた瞬間にこれは地震だと直感しました。スイスでは”震度”の基準はありませんが、私自身の経験から言うと、体感としては震度2強くらいの揺れに感じました。

落ち着いてからニュースを確認すると、マグニチュードは4.7(一部ではM4.8とも報道されています→その後正式にM4.6と発表されました)震源地は中央スイスに位置するSchwyz(シュビーツ州)でした。

Twitterで#Erdbeben(ドイツ語で”地震”という意味)のハッシュタグがトレンドになっている事を見ても、スイスでのM4クラスの地震発生は、多くの人に驚きをもたらした事が分かります。

www.srf.ch

地震直後のSRF Newsの報道によると、この地震はスイス全土で揺れを感じるような規模だったようです。今のところまだ被害の詳細は分かっていませんが、明日の朝以降にまた改めて報道があるかもしれません。

スイスは地震とは無縁の国と思われがちですが、スイス国内にも活断層があり、100年に一度程の割合で大きな地震が起きています。過去にもバーゼルの街が崩壊する規模の地震に見舞われた事もあります。バーゼル地震は1356年10月18日 夜10時頃に発生しており、マグニチュード6.5(M7.1程度との報道もあり)、死傷者数は約1,000人と言われています。

スイスにも地震があることは周りから聞いていたものの、スイスに引越してきてから半年もしないうちに大きな揺れを体験するとは思いませんでした。同時に過去に経験した311の地震の記憶も蘇ります。

私はあのとき、新宿のど真ん中のビルの中にいました。高い場所だったので、その分揺れがとても大きかったのを覚えています。地震の影響で使える交通手段は全て止まってしまい、家に帰れない不安と、いつまた大きな揺れが起きるか分からない恐怖がありました。実際に本地震以降も何度も揺れが起きていて、緊急避難先として開放された新宿御苑に避難をした時は、地面に座っていると下から突き上げるような揺れが何度もありました。そして、家に帰ってからも水が10日間程止まってしまい、すぐにトイレにも行けない生活を経験しました。

スイスは日本に比べると耐震構造になっていない建物が多いと聞きます。今回は一瞬の揺れだったので、自宅で何かが壊れたり被害が出ることは無かったですが、これを機に日本での経験も交えつつ、夫ともしっかりと話し合いをしたいと思います。

➕Vielen Dank für Ihren Besuch➕
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ

スポンサーリンク