読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

+SWISSNOTE+

スイスで暮らす日々のあれこれ

3年ぶりにスイスに輸出が再開!宇都宮産の梨「にっこり」

Japanese pear

 

何を隠そう、私が一番好きな果物はずばり「梨」!!
…なのですが、海外に住んでいると中々美味しい日本の梨には巡り合わないんですよね…。
梨は梨でも日本の梨が一番美味しいと信じて止みません。

そんな中で、とても嬉しいニュースがありました。そのニュースとは、宇都宮産の梨「にっこり」が2010年の秋から3年ぶりにスイスに輸出されることが決まったのです!

東日本大震災があってからは、風評被害などもあり、輸出再開がなかなか出来なかったのですが、青森の業者や日本貿易振興機構などの努力が叶い、100キロのにっこりを輸出することが決まりました。今月下旬にスイスの老舗デパート「グローブス」に向けて輸出され、順次店頭に並べられる予定です。

 

にっこり

 

この「にっこり」という梨ですが、日本でも高級梨として売られており、その大きさと甘味が特徴です。詳しく調べてみると、評価の高い梨どうしを掛けあわせて出来た品種だそうです。
「にっこり」は、お父さんが味の良い「豊水」、お母さんが豊満な「新高」のかけ合わせになっていて、国際観光地の日光と、梨を中国語でリーと呼ぶことから 平成8年に「にっこり」と名付けられました。 ※出展栃木農産物マーケティング協会より

特徴としては、実が大きくて重いこと。重さは1kg程のものが多いそうですが、中には1.3kgを超える大物もいるそうです!そして、大きいと大味で美味しくないイメージがありますが、このにっこりは大きいほど糖度が高い傾向があるそう。そして、涼しい場所で二ヶ月ほど貯蔵できるので、輸出にも向いています。

こうやって沢山の人の努力と情熱で海外にも日本の美味しいものが届けられていると思うと、スイスで実際に梨を見つけた時は感動もひとしおですね。欧州の中でも購買力の高いスイスを始めとして、これからまた輸出する地域を増やしていく計画のようです。

日本の美味しい梨をスイスの人たちを始めとした、海外の人々に食べてもらえることを願って、これからも応援していきたいと思います♪

 

+スイスで梨を食べよう!+
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
[ad#300-250]