+SWISSNOTE+

スイスで暮らす日々のあれこれ

スイス人の風邪の治し方

今週はずっと氷点下が続いていて、私の住む地域でもやっと雪が積もりました。日本に住んでいた時はまともに風邪をひいたのが5年以上前だったので、健康体だと信じてこちらでも生活してきましたが、なんと年末に久しぶりの風邪を引いてしまいました。

今回の風邪は熱がほとんど出ずに食欲も人並みにあり。ただ、喉が痛くて鼻水が止まらないタイプ。今はだいぶ良くなったものの、まだ完全には治っていない状況です。そして、鼻水が止まらないせいで、鼻のかみすぎで鼻の匂いセンサーが働くなってしまいました。よく風邪をひくと食べ物の味が良く分からなくなると言うことがありますが、今回はまさにその状態。

しょっぱい・甘い・冷たい・熱いなど、舌で感じられる味や感覚は分かるのですが、鼻が効かないせいで、何を食べても香りがせずに味気ない。先日の元旦ラクレットをした時はその症状が始まっていたので、せっかく色んな味のラクレットチーズを用意したのに、レモン入りのチーズやトリュフ入りのチーズなど何を食べてもただ塩っぱいだけという悲しい状況でした?

料理を作っても香りを感じないから味付けが決まらない。食べてもただしょっぱいか甘いだけ。鼻が効かないってこんなに悲しい事なのかと初めて思い知りました。味って舌はもちろん、大部分を鼻からの香りで感じるものなんだなと言う事も学びました。

脱線してしまいましたが、風邪をひいた時の体の治し方について今回は書きたかったんです。日本だと健康保険があるので、長引きそうな風邪を感じたらその日のうちに内科や耳鼻科にかかることができます。しかし、ここはスイス。もちろん保険には加入していますが、私の入っている保険は3,000CHFまでは自己負担。日本のように毎回三割負担などではないのです。

基本的にスイス人は軽い風邪くらいでは医者にかかりません。医者にアポイントメントを取ったとしても、『一週間後に来てねー』などと言われてしまいます…。その頃には体調不良のピークは過ぎているっちゅー話です。本当に深刻な状況でない限りは気軽に病院に行けないので、あとはもう自分でなんとかするしかないのです。

そこでどうやってスイス人は風邪を治しているかというと、まずは薬に頼らずハーブティーを飲みます。あとはフルーツなどでビタミン補給。

今回私が風邪を引いた時も、日本から総合感冒薬を持って来てはいたのですが、夫がハーブティーをしきりに勧めてくれたので試してみることにしました。

主に飲んでいたのは以下の二種類のハーブティー。(どちらもMigrosで購入)

f:id:natsuko-cowbell:20170108012657j:image

この青色パッケージ『Erkältungstee』が風邪を感じたときに飲むハーブティー。”Erkältung”とはドイツ語で風邪という意味です。

それからもう一つスイスの家庭でよく飲まれているのがこちら。

f:id:natsuko-cowbell:20170108012259j:image

こちらの紫色パッケージの『Brusttee』が喉の痛みや咳の時に飲むハーブティー。”Brust"とは胸という意味です。

この二種類は基本的に自宅に常備されています。風邪の最中は青と紫のハーブティーを毎日各3杯くらい飲んでました。それぞれ独特の香りと味がしますが、慣れてくると問題なく飲めます。ちなみに私は青い風邪のハーブティーのほうが飲みやすくて好き。

あと最近買い足したハーブティーがあるので、ついでにそれもご紹介します。

f:id:natsuko-cowbell:20170108060801j:image

こちらの黄色パッケージは『Magen-und-Darmtee』は胃腸の調子が悪いときに飲みます。名前もそのままで、”Magen”は「胃」”Darm”は「腸」という意味です。胃の調子が悪かったり食べ過ぎで気持ち悪かったりするときなんかに有効なハーブティー

f:id:natsuko-cowbell:20170108060819j:image

Migros Bioラインで出ているオレンジ色パッケージの『Wohlfühltee』は気分を落ち着かせたいときに飲むハーブティー。”Wohlfühl”は英語でwell-beingなので、気分を良くするといった意味になります。

今のところ自宅にあるのはこの四種類です。Migrosで販売されている値段は、青・紫・黄色パッケージのハーブティーは全て2.4CHF、最後のオレンジ色パッケージのハーブティーは1.7CHFでした。

そういえば、義母も更年期障害に悩まされていた時にはハーブティーをずっと飲んでいたなぁ。それだけハーブはスイスの人にとって生活に密着したものなんですね。ピンポイントで症状を抑える西洋薬とは違い、ハーブティーは体の自己回復力を促したり、免疫力を高めてくれるような働きをしてくれているのかなと思います。何だか漢方薬と近いものを感じますね。

そういえば先日、Migrosに買い物に行ったら、紫色のBrusteeと青色のErkältungsteeの二種類が目立つところに大量に積み上げられて売っていました。どうやら風邪をひいたのは私だけではなかった様子。

皆様も年明けで通常営業に戻る頃かと思いますので、体調に気をつけて暖かくしてお過ごしくださいませ!

 

➕Vielen Dank für Ihren Besuch➕
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ

スポンサーリンク

 

広告を非表示にする