読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

+SWISSNOTE+

スイスで暮らす日々のあれこれ

結婚式の衣装選び和装編

f:id:natsuko-cowbell:20160530193943j:plain

結婚式準備の悩みどころの一つと言えば衣装選び!


とりあえず和装という事は決まっていたものの、どんな着物に身を包みたいかという事は全く決まっていませんでした。試着の日までにイメージだけでも膨らませておこうということで、雑誌やインターネットを見ながら好きな雰囲気の着物を探しておきました。

そしていざ試着の日、まずは白無垢から試着することになりました。試着の段階では、下に白い着物を着て色内掛を上から羽織って、簡単にクリップで止めるという形で着させてもらいました。

白無垢は大きく分けて2パターンあり、オール白の白無垢、または赤ふきが入った白無垢です。他にも色々と種類はあるようなのですが、主要なのはこの二つのようです。

f:id:natsuko-cowbell:20160718164441j:plain

やっぱり衣装は実際に着てみないとわからないものですねー。実際に試着をする前は、伝統に則ってオール白の白無垢にしようかと思っていたのですが、実際に着比べてみると、断然顔映りが良いのが赤ふきの白無垢だったのです。一緒に試着へ来ていた旦那に意見を聞いてみると、やっぱり赤ふきの方が良いという意見で一致しました。

f:id:natsuko-cowbell:20160718164445j:plain

とりあえず赤ふきの白無垢に決定はしたものの、その中でも白い着物部分に様々な柄があるので、その後の着物選びを実は一番悩みました。色々な柄の白無垢を羽織ってみるのですが、色々と試しすぎて最終的によく分からなくなるという試着迷路に迷い込んだりもしました。笑

合計3回の試着の時間を設けたのですが、最終的には気に入るものが見つかったので、その白無垢を予約しました。本番当日は白無垢に綿帽子を被りました。

 

次は色内掛です。
色内掛も様々な色や柄が揃っているのですが、これもやはり着てみた印象が大事だということで、選んだものを次から次へと着せてもらいました。

まずは、定番の赤色の色内掛です。赤も素敵なのですが、ちょっとありきたり感が否めず、自分としても何だかしっくり来なかったのでこちらは却下。

f:id:natsuko-cowbell:20160718164452j:plain

次は色鮮やかなオレンジと黄色の色内掛です。こちらは春の新作らしく、衣装を試着しに行った最後の回で見せてもらったものです。

f:id:natsuko-cowbell:20160718164455j:plain

この色内掛は見た目はそれ程好みでは無かったのですが、実際に羽織ってみるととても華やかで、私の好きなブルーも入っていて最後まで二択で悩んだ内のひとつでした。

f:id:natsuko-cowbell:20160718164458j:plain

そして悩んだ結果、最終的に決めた色内掛は鮮やかなコバルトブルーの色内掛でした。一番最初に見た時からこれは自分に合う色だなと思っていたのですが、着てみるとやはりしっくり来る一着だったのです。

二つ目の写真にあるオレンジ色の色内掛も素敵だったんですが、このブルーの鮮明な印象と第一印象のビビッと感には勝てず、この色を選びました。

f:id:natsuko-cowbell:20160718164449j:plain

最終的には珍しい色の色内掛だったので、結婚式当日は招待客のみなさんにとても好評でした♪

 写真にもとても映える色で、あとから写真を見返しても、やっぱりこれを選んで良かったなと思える色内掛でした♪

私の場合は、色内掛はほとんど悩まず決めることが出来て、白無垢選びが難しかったなと思います。

+++今日も訪問ありがとう+++
ブログランキング・にほんブログ村へ 

スポンサーリンク

 

広告を非表示にする